椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアの発症するメカニズム

脊柱を構成する24個の椎骨の間には一つずつ椎間板があります。
椎間板には髄核とそれを包む線維輪からなってます。
線維輪は弾力性のある軟骨組織が何層にも重なり、髄核を守ると同時に上下の椎骨をしっかりつなぐ役割を果たしています。

ところが、線維輪は年齢とともに弾力性を失っています。弾力性を失った線維輪は次第に硬直化して、激しい運動や不自然な姿勢を長時間続けていると、この線維輪に少しずつ亀裂が生じる場合があります。その結果、線維輪の亀裂から髄核が飛び出して神経を圧迫し、椎間板ヘルニアに至るのです。これが椎間板ヘルニア発症のメカニズムです。

症状

椎間板ヘルニアが最も頻出する場所は、腰椎4番と5番の間、第五腰椎と第1仙椎骨の間です。症状としては、腰からお尻にかけての激しい痛み、お尻から足にかての痛みとしびれが現れます。重症ともなれば、歩行困難、排尿障害、排便困難にさえなります。

注意

MRIを使えば、椎間板から飛び出した髄核(ヘルニア)を捉える事ができますが、これが神経に接触して痛みやしびれを起してるかどうかは突き止められません。その為ヘルニアがあっても、痛みやしびれなど全く感じられない方も大勢いらっしゃいます。また、病院で椎間板ヘルニアと診断されたが実は坐骨神経痛だった、またその逆もあります。また、ただのギックリ腰だと思ったら、椎間板ヘルニアだったという事もありますのでご注意下さい。

西洋医学での治療法

1神経ブロック注射や内服液の処方

一旦痛みは緩和されますが、しばらくするとぶり返し、何度も神経ブロック注射をしている効かなくなってしまいます。

2牽引法

腰や両足にベルトをかけ、その先に重りをつけて引き伸ばし髄核をもとに戻そうとするのが牽引療法です。

3コルセット療法

腰椎にコルセットで固定して椎間板にかかる負担を減少させるのがコルセット療法です。痛みの緩和には効果があるものの、コルセットをしてる事で背筋、腹筋が弱まり、かえって椎間板ヘルニアを再発するデメリットがあります。

4手術

以上の治療を施して、なおも痛み、しびれが改善されない場合は、ヘルニア切除のオペに踏み切ります。しかし問題ですが、オペを行っても再発する確率は高く、その後のリハビリも大変です。また、オペを行った後、再度MRIで確認したら、ヘルニアはきれいに切除されているが、痛みとしびれは手術前と一向に変わらないという方も大勢います。これは、原因は別にあるという事です。

KIAトータルボデケアの施術

KIAトータルボディケアでは独自の検査方法を行い、痛みの原因が椎間板から飛び出した髄核が神経を圧迫することにあると考え、それならば髄核と神経を引き離せばよいと考え施術します。事実、MRIで見ると髄核は飛び出したままなのに、痛みとしびれは消えたという事がよくあります。これは飛び出した髄核と神経が分離した事を意味します。

さらにKIAトータルボディケアでは、飛び出した髄核を元の椎間板に戻すことに眼目を置きます。この技術こそが他院との違いで、KIAトータルボディケアの真骨頂であると言っても過言ではありません。

手術をしたが痛みしびれが取れないいう方、医師の手術を勧められてる方も、ぜひKIAトータルボディケアにご相談下さい。

そんなご不安や症状のお悩みも一度、ご相談ください。026-405-4355

WEB予約受付中 Hot Pepperから予約をする ※外部サイトにリンクいたします