月経前症候群について

月経前症候群とは別名PMS(プレ、メンストラル、シンドローム)と呼ばれ、女性が月経が始まる1~2週間前からおこる症状で、近年これに悩まされる女性が、かなり多いようです。
からだの症状と心の症状がありますが、人それぞれ違いはあるようです。

月経前症候群(PMS)の症状

からだの症状としては、腹痛、下腹部痛、胃痛、腰痛、お尻から背中にかけての痛み、肩コリが酷くなる、胸の痛み、頭痛、吐き気、めまい、微熱が続く、ニキビ、吹き出物、目の奥がずきずきする、目がはれる、食欲増進、減退、排便痛、頻尿などです。

心の症状としては、イライラなどの情緒不安定、うつっぽくなる、無気力、集中力がなくなる、不眠または逆に強い眠気などです。

病院での対処

婦人科のお医者さんに行けば、ホルモン療法として、低用量ピルを処方し、痛みがある場合は痛み止めを処方します。
一番困るのは、精神療法として、マイナートランキライザー系の向精神薬や抗うつ剤のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を処方される事です。向精神薬は依存性があると思われますし、SSRIはほとんど効き目がないとおもわれます。
いずれにしても薬に頼るのは良くないと思われます。

KIAトータルボディケアでの改善方法

KIAトータルボディケアでは、対処療法ではなく、根本療法として、患者様お一人ずつの症状をしっかりカウンセリングさせて頂き、手技だけで、心と体の両方へアプローチさせて頂きます。頭痛、めまいに関しては、別の機会に書かせて頂きます。
月経とは女性には毎月来るものですから、そのたびにPMSに悩まされていてはかないませんね。

お早めにKIAトータルボディケアにご相談を!

そんなご不安や症状のお悩みも一度、ご相談ください。026-405-4355

WEB予約受付中 Hot Pepperから予約をする ※外部サイトにリンクいたします