脊柱菅狭窄症について

どんな病気か?

腰椎の脊柱管と呼ばれる部分が狭くなって、その中を通っている神経が圧迫される事により、腰痛や脚のシビレなど様々な症状が表れます。中年以降の方に多くみられます。症状として特徴的なのが、間欠性破行というものがあらわれます。

間欠性破行とは?

間欠性破行とは、歩きはじめは特に症状が強いわけではなく、しばらく歩くと腰が痛くなったり、脚がしびれたりして歩くことが出来なくなり、しばらくしゃがんだり、座ったりして休むと、また歩きだすことが出来ます。このような事を繰り返す症状を間欠性破行と呼びます。

KIAトータルボディケアの考え方

必ずしも間欠性破行=脊柱管狭窄症とは考えていません。間欠性破行は他の問題からもでます。事実病院で脊柱管狭窄症と診断され、手術を行いその後でMRIで確認したところ、狭窄された部分はきれいになくなっているが、痛み、シビレは手術前と変わらず、間欠性破行がまだ治まらないという患者さんも大勢診て来ました。ですからから必ずしも画像診断=症状とも言えません。他の問題から間欠性破行が出る場合があります。

KIAトータルボディケアでは、大腰筋というインナーマッスル過緊張して腰椎の過剰前湾で間欠性破行が症状として表れている方を大勢みています。ですから、病院で脊柱管狭窄症と診断されたが、実は脊柱管狭窄症ではなかったという事です。

KIAトータルボディケアの施術

KIAトータルボディケアでは大腰筋というインナーマッスルに注目しています。
大腰筋は胸椎から骨盤内に付着する2本の太い筋肉で、脊柱管狭窄症に限らず慢性腰痛の方にも、この筋肉が過緊張を起してる場合が多いです。また大腰筋は筋膜の繋がりから斜格筋ともリンクしていますので、これらの筋肉を弛緩させる事を最優先します。

ただしこれらの筋肉はマッサージは出来ませんので、特殊なテクニックが必要です。また大腰筋は内臓の問題から過緊張を起してる場合もありなすので、内臓の状態が悪いと弛緩させても、また過緊張を起してしまいますので要注意です。後は骨格系から来る問題を解決します。時には一部の整形外科の先生方がやってらっしゃるAKA博多法を使います。

これらの施術を繰り返しても症状が改善されない場合、最後の手段として手術をお考え下さい。

そんなご不安や症状のお悩みも一度、ご相談ください。026-405-4355

WEB予約受付中 Hot Pepperから予約をする ※外部サイトにリンクいたします